ゴルフの身だしなみ

ゴルフ場での服装(マナー)

ゴルフ場では、意外と服装に厳しいものです。
これは、ゴルフをこれから始める人はきちんと心得ておくべきでしょう。

ゴルフ場での服装の基本は以下のとおりです。

○クラブハウス内

・帽子と手袋は外す
・男性はジャケットを着用し、品位ある服装を
・女性は極端に露出の多い服は避ける

○プレー時

・シャツの裾はボトムスの中に入れる(ボトムスの外に出すデザインのものを除く)
・トップスは襟付きのものを
・キャップやバイザーを着用
・首からタオルを下げるのはNG
・ジーンズ、サンダル、Tシャツ、タンクトップ、革靴、ジャージはNG
・男性は、短パン着用ではハイソックスが基本
・女性は極端に露出の多い服は避ける

もちろん詳細はゴルフ場によって違いますが、会員制のところは概ねこんな感じです。

ゴルフ場での服装については、一部の人の間で「厳しすぎる」という声もありますが、一般的には会員になるために高いお金を出さなければならないゴルフ場のこと、「皆が気持ち良くプレーするために、マナーが守れないような人にはご遠慮いただきたい」という意図もあるようです。

健康面から服装を考える

ゴルフ場では、特にプレー中は、ドレスコードを守りつつも健康に留意した服装をしなくてはなりません。

ゴルフ場で快適にプレーするための服装では、服の素材に着目します。
というのも、ゴルフ場にふさわしい服装というのは、あくまでも外見的なもの。

しかし、たとえば同じポロシャツでも、体温調節機能に優れたものと、そうでないものとでは、見かけは同じでも、健康に及ぼす影響は全く違ってきます。良い素材のゴルフウェアは、夏は熱中症を、冬は冷えを防いでくれ、それでいてプレーもしやすいもの。

ゴルフ場で健康を損ねることのないよう、特に真冬と真夏は、服装には神経質なくらい留意しましょう。