ゴルフウェアのパンツ

パンツのタブー

ゴルフウェアにはいくつかの決まりごとがありますが、特にパンツについては、明確な決まりを設けているゴルフ場が多いです。

スポーツ用のパンツとして、汎用性が高いものが「ジャージ」。
これは動きやすく、汗にも強いので、スポーツだけでなく、部屋着や作業着としても人気がありますが、ゴルフでは基本NG。また、ジーパンもご法度です。カーゴパンツも、全面禁止とまではいかずとも、デザインやゴルフ場(特に「名門」といわれるところ)によっては良い顔をされないことがあります。

よって、ゴルフ用のパンツとしては、ゴルフショップで販売されているものか、チノパン、スラックスあたりが無難でしょう。

良いパンツとは?

ゴルフウェアとして使えるパンツは、必ずしもプレーしやすいものであるとは限りません。
特にスラックスやチノパンは、ゴルフと関係なく、元々持っている人も多いものなので、それをそのままゴルフ用のパンツに流用しようと思うかもしれませんが、ドレスコードには引っ掛からなくても、プレーに向かないかもしれません。

ゴルフもスポーツには変わりありませんから、パンツも伸縮性があり、長時間屋外で着ていてもストレスにならないものが好ましいです。

特に大量に汗をかく真夏や寒さが身にしみる冬場は、普段のパンツではなく、専用のパンツをゴルフショップなどで買い求めた方がいいでしょう。